潮来からお仲間さんが参加です。
日頃笑いヨガを施設で取り入れていたり、
また元気アップを時間内に体験摺るようにしているとか、脳活らくらくゲームにも興味を示されて、今日の参加になりました。

出来る事を目的とせず、出来ない方が自分にとって脳を刺激し、より効果をもたらします。
手の運動から始まり、リズム手遊びと進みます。
お手玉を掴む動作、右から左に変換することで、
かたくなっている手首が自然とやわらいで、難しい動作もやれるようになります。
楽しみなからゲームが進みます。
最後に左手で篭の中にお手玉を投げます。
左手で投げる❗普段使わない手を使うことで脳が
活性化、拮抗運動になります。
紹介したのは20のゲームの一部です。